配信 Pickup!!

 

あつまれ どうぶつの森

『アスファル島』での五つ星な日々

本編

本編

リゼ様が無人島・『アスファル島』にやって来た!過去作ではどうぶつ達と上手くコミュニケーションが取れなかったという皇女が、今作ではコミュニケーションをしっかり取ろうと意気込みあつまれどうぶつの森をプレイ。

過去作から大幅に進化した博物館に感動、釣りやカブ売買に対して配信者魂を見せ(る羽目になっ)たり、快適な陰キャライフやアスファル島の評価のために独自のセンスを爆発させたり。島での新しい生活をリゼ様なりに謳歌していく。視聴者を島に招いての交流会では、当日の交流のみならず準備段階での試行錯誤すらも楽しむリゼ様や、個性豊かながら抜群の統率力を見せるヘルエスタ王国民を見ることが出来る。雑談代わりにぽつりと飛び出す、実生活での面白エピソードも見所の一つだ。

アスファル島でのリゼ様の日々は、お金では計れない価値があるんだなも。

 

​リズム天国

テキパキドッカーン ひたすらに可愛い皇女が拝める大人気シリーズ

本編

本編

リゼアンweekでプレイして以来、実に10ヵ月ぶりとなるリズム天国配信。主に声でタイミングを計りながらのノリノリでハイテンションなプレイングをたっぷり楽しむことができる。

苦戦しながらもリズムゲームの醍醐味を目一杯楽しむ様子を見られる上に、多種多様な(かわいい)声を聴くこともできるため、視聴者の中でも一際高い人気を誇るシリーズである。そのあまりの可愛さに配信中「かわいい」しかコメントできなかった視聴者もいたとかいなかったとか。

また、高難度のリミックスをクリアするために、つまづきやすいポイントをまとめて裏で練習を重ねていたりなど、地道な努力が実を結ぶ過程も併せて楽しむことができる。

皇女殿下の魅力が凝縮された全4回、見終えた後、あなたはもっと皇女のことがマジだいスキになっているはず。

 

​ポケットモンスター ソード

笹木さん・コウさんと一緒に旅した最高の5日間

本編

名探偵ピカチュウ、ウルトラサンムーンに続くポケモン実況シリーズ3作目となったソード&シールド。同年6月ににじさんじ内の先輩にあたる笹木咲とポケモンダイレクトを視聴。「(発売したら)せーのでやろうね」「『クリアするまで寝ない』やるしかない」と言葉を交わしたことをきっかけにコラボが実現。

普段はあまり見られない脳死トークや深夜テンション、終始共に旅した2人と最高に笑い、最高に白熱し、最高にガラルの世界を楽しんでいた。

共に過ごしたことで生まれた3人の絆と、4日間の戦いを経て、それぞれの成長を存分に楽しむことが出来る。新たな冒険の舞台へ、大好きなポケモンの世界に帰って来た。その思いに浸る3人のポケモントレーナーの姿がそこにはあった。

 

お絵かき配信 with第一皇女

画力は激渋、第一皇女は激甘

本編

リゼ様は画力にやや癖のある、所謂「画伯」である。デビュー当初から定期的にインパクトのある絵を披露しており、その度にアンジュや国民から数々のツッコミを受けてきていた。

2020年の目標に「色んな事に挑戦したい!」と掲げたリゼ様は画力向上のためお絵かき配信を行う。

たまたま家に訪れていた、デザインに強く活動のサポートもよくしてもらっている姉の第一皇女をゲストとして迎え、自分の描いた絵を添削してもらう事で改善を図ろうとするがーーー。

想像以上にインパクトのある作品と第一皇女の甘やかしっぷりにより、配信は予期せぬ方向へと転じていくことになる…。

 

​フィンチ家の奇妙な冒険

詩的で夢のような世界観で描かれる、数奇な一族の物語を辿る

本編

ヘルエスタ金曜ロードショーと銘打って放送されたこの配信。

主人公はかつて自分が暮らしていた歪な風貌の屋敷を探索し、あらゆる場所に残された思い出や記憶を通じて家族の「死」を追体験していく。

字幕の表示演出や芸術的なビジュアル、場面ごとの操作感の変化など、様々な要素を殿下の新鮮な反応と共に楽しむことができる。特に隠し扉のギミックを発見した時の反応は見逃せない。

また、殿下の優しく落ち着いたテキストの読み上げによって、自然と物語へ没入することが可能となっている。

最後まで見れば配信タイトル通り、まるで一本の長編映画を一緒に観終えたかのような充足感で満たされること間違いなし。

 

PROJECT WINTER

雪山からの脱出、裏切り者は誰だ...!?

本編

本編

雪山に遭難したプレイヤー達がサバイバー(生存者)とサバイバーに紛れたトレイター(裏切り者)に分かれて脱出を目指す人狼×サバイバルゲーム。

にじさんじ6人と外部2人(当時はにじさんじネットワーク所属)の計8名で行われた。

初回ではこのゲームに不慣れな8人が疑心暗鬼になりながら脱出しようとする姿が見られる。

巧みな話術と大胆な行動で暗躍する姿を見ることができたり、極限状態の中で普段のリゼ様からは想像できない冷徹な姿が見られるかもしれない。

遊○王で有名なあの名言も…?

全4回全てにドラマが生まれた雪山での脱出劇に目が離せなくなること間違いなし。

 

Minecraft ~sky block~

同期以外との初コラボは空島珍道中

本編

本編

ある日リゼ様が学校に登校しようとしていると、先輩の笹木咲に声をかけられる。…否、肩を掴まれ一言、「 遊 ぶ ぞ 」。これがリゼ様の同期以外と初めてのコラボが行われた経緯である。

パワ○ラスピリッツを持って一国の皇女に殴りかかる笹木と皇女らしからぬ三下後輩ムーブをかますリゼ様が、初の同期以外のコラボで緊張の中アイテムを奈落に落としたり自分が落ちたり詰んだりしながら悪戦苦闘し進んでいく。

しばらくし2人でプレイすることになにやら限界を 感じたリゼ様と笹木は、お互いの相方であるアンジュ・カトリーナと椎名唯華を召喚して再挑戦。

​果たして4人は迷宮を抜け出せるのかーーー。

 

Layers of fear

皇女初のゲーム実況!崩壊しかける幻影の先に見たものとはーー

本編

今やお馴染みとなったリゼ皇女殿下のゲーム実況シリーズ。その記念すべき第一作目に選ばれたのは、サイケデリックな雰囲気に満ち溢れたホラーゲームだった。

ダイナミックかつ可憐なリアクションと豊富な語彙力からスラスラと放たれる実況はこの頃から健在であり、ホラーゲームが苦手な人でも十二分に楽しめる配信となっている。時折見せる愛らしい反応は必見。

張り巡らされたあらゆる罠に悲鳴を上げながら、時に恐怖でマウスカーソルをぶっ飛ばしながら、震える声を必死に抑えながら、一人の画家が生んだ狂気の精神世界の真相に迫ってゆく。

勇気を振り絞り、一歩一歩物語を解き進める様に目が離せないこと間違いなし。

ご視聴の際は鼓膜の替えもお忘れなく。

 

​名探偵ピカチュウ

ピカっと輝く「リゼ・ヘルエスタ」の原点

本編

リゼ様が名探偵ピカチュウの配信を行ったのは、2019年4月上旬〜6月上旬。リゼ様のデビューが2019年3月22日なので、かなり初期の配信であるが、この頃から既に『ハイテンション・ナイスリアクション・マシンガントーク・感情移入』というリゼ様のゲーム実況の基盤となる要素が全て入っている。リゼ様は、ポケモンたちに癒されたりツッコミを入れたりしながら、少年のようなテンションで最高に楽しんでいく。

配信中には、後に3Dお披露目配信のスクショ素材にも採用された「ピカっとひらめいた!」や、今でもたま〜に擦られる「ポケモンは道具」発言など、今でも国民に語り継がれているめい言も多く残している。最近リゼ様を知った人にこそ、リゼ様の往年のネタや成長の足跡を知るという意味でも是非見てもらいたいシリーズである。

 

LITTLE NIGHTMARES

この悪夢を終わらせるため、運命へと立ち向かう

-リトルナイトメア-

本編

『Layars of Fear』、『SOMA』と苦手なホラーゲームを経験してきた彼女が次に挑戦したサスペンスアドベンチャー。

主人公の少女、シックスとなって巨大船舶の住人たちを掻いくぐり、様々な困難を乗り越えながら脱出を目指す。終始不気味な雰囲気の船舶、声も震えて怖がりながらも様々なアクションや冷静な分析、とっさの判断力、可愛らしい絶叫、途切れることのないセンスあるトークの数々、決して諦めずに先へと進んでいく姿は必見。船の中に現れる小人のノームと戯れるお姿は最高の癒しとなっている。

リゼ様とシックスはこの船から無事脱出することができるのか、最後に見るのは悪夢なのか…

衝撃の結末を是非あなたの目で確かめてほしい。

 

マリオメーカー

降参か賞賛か、VS国民・ネット民!

本編

リゼアンWeek中にアンジュと一緒にプレイし、悪 戦苦闘したマリオメーカー2をリゼ様1人でも配信。

Part1ではヘルエスタ王国民が作ったコースをプレイ。◯意満点だったりリゼ様関連のネタが盛り込まれていたりするステージを、随所随所で良い反応をしたり国民の鼓膜を破壊したりしながら攻略しようと奮闘する。Part2・3ではオンラインの「みんなで対戦」に挑戦。時に対戦相手を蹴落とそうとしたり取り入ろうとしたり勝手に落ちたりしながら勝利を目指す。必死すぎるが故にリゼ様の口から勝手に飛び出す可愛らしい声や珍言、随所随所で現れる実況/解説のリゼ・ヘルエスタさんにも注目だ。

実のところ横スクロールアクションがそこまで得意という訳ではないリゼ様。果たして国民や対戦相手に降参しなくて済むのだろうか…?

  本サイトはファンが作成した、にじさんじ所属バーチャルライバーリゼ・ヘルエスタさんの非公式ファンサイトです。 

  いちから株式会社様、およびにじさんじプロジェクトとは一切関係ありません。

  ​このサイトの画像、およびテキストなど無断で複製、転載使用することを禁じます。

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • social-003_twitter
  • crowntubev2v1
  • hikousikikuro
  • GOD